包丁の通販は孫六刃物製作所へ

包丁の通信販売と研ぎの孫六刃物製作所

0575-22-0491


ダマスカス包丁とは

ダマスカス包丁とは

ここ刃物の町岐阜県関市では毎年刃物祭りというお祭りが開かれます。 関のメイン通りに関中の刃物屋さんが軒を連ね、刃物を売りさばく、そんなお祭りです。

その刃物祭りには世界中から多くの外国人が関の刃物、特にダマスカス包丁を求めてやってきます。
なぜダマスカス包丁というものはそんなにも求められているのでしょうか?
そもそもダマスカスとは一体なんなのでしょうか?

ダマスカス(Damascus)について

ダマスカスという名称は中東のシリアという国のダマスカス市に端を発しています。
大昔、インドのウーツという所で生産された鋼材がシリアのダマスカスで刀剣として加工され、ダマスカス鋼として呼ばれるようになりました。

ダマスカス

ダマスカス鋼について

そのダマスカス鋼は鍛造時に独特の縞模様を浮かべ、錆びにくく、柳のようにしなやかで、鉄をも真っ二つにする切れ味を有していたといわれています。そのためそのダマスカス鋼で作った刀はヨーロッパ中に広まりました。
しかしその技法は200年前に途絶えており、現代では完全に再現することはできないとされています。


『ダマスカス鋼(ダマスカスこう、英: Damascus steel)とは、かつて生産されていた木目状の模様を持つ鋼素材の名称である。強靭な刀剣の素材として知られるが、製法がはっきり分かっているわけではないことから、伝説的あるいは神秘的なものと思われていることもある。』
−Wikipediaより抜粋−

ダマスカスナイフ
【ダマスカス鋼を用いたナイフ】

ダマスカス包丁について

主に日本で言われているダマスカス包丁とは刀芯にモリブデン鋼を用い、その芯にダマスカス鋼を何十層にも重ね合わせて作られた包丁のことをいいます。何十層ものダマスカス鋼を重ね鍛造すると、ダマスカス刀のような独特の縞模様ができ、さらに耐久性に優れ、錆びにくく、鋭い切れ味の包丁が生まれるのです。

>> ダマスカス包丁の商品一覧を見る

ダマスカス包丁

 

>> ダマスカス鋼についてさらに詳しい情報はWikipediaをご覧ください。

このページのトップへ