研ぎ教室

3月8日1時より研ぎ教室を行い 5名の方の参加がありました。


 参加者のコメントです。



 包丁の素材について学びました。


鋼の方が切れるけれど サビやすいと聞いてすごくなっとくしました。


すぐにサビちゃって イヤだなぁ つかいずらいなぁ~って 思っていたから


すごく納得しました。


ト石が3種類あって 粗いものがポイントであることがわかりました。


仕上げが大事と思っていたので 違いがわかってよかったです。


刃がかけていたのが 機械で 一瞬で きれいになって感動しました。


それだけでも ホント 来た かいがありました(笑)


あとから 仕上げで 荒砥石でとぎたらないのがわかって


あきらめかけたところに また機械が登場して


ぴかぴかになったのがすごく嬉しかったです。


ありがとうございました。



  春日井市 M.S様







作業内容  包丁の研ぎ方の理論と実践



実践 ○ 荒砥石刃研ぎの基本


   ○ ベース研ぎは全て 荒砥石で研ぎ出すべし


   ○ 中砥石 仕上げ砥石と進めるが どれも研ぎ面の仕上げに


     向けて表面を整えるもの。


   ○ 天然仕上げ砥石も使わせてもらった。 さすがに清い


     仕上げ面であった。


   ○ カンナの刃の研ぎ方についても確認 刃に沿って研いでいくこと


   ○ ハサミについては 機械がないと研ぎは不可能とわかった


  各務原市 T.Y様





いちいちトギに出すのも わずらわしいと思い 参加しました。


たいへんかな~という気持ちと できるという気持ちと半々です。


やりだすと どこで止めちいいのか わからなくなって来るような感じで
 

砥石ももっていないから どうしようかな~とおもっていますが


作業的には 思った程大変ではなく


やはりプロの方に教えていただくとコツがつかめて良かったです。


ありがとうございました。


自分でやるかどうかは もう少し考えます。


  名古屋市 T.K様





 
① 包丁の素材についての説明 ・・・炭素鋼 ステンレス系(モリブデン クローム等)


② 包丁の研ぎ方の説明 ・・・片方のみシャープにする 光っている部分を削る


               かえしがでるまで研ぐ(特に先)


③ 包丁研ぎの実践 ・・・ 荒砥で光っている部分を研ぎ落とす
          
          ・・・ 中砥で荒研ぎで付いた傷をおとす



④ 砥石のメンテナンス ・・・砥石同士(同じ目の)をすり合わせて表面を平らにする 



とても丁寧に教えていただき 切れる包丁になるまでのメカニズ厶が


よく分かりました。 いままでは 包丁に光る部分があった方うがよく切れると


思っていたのですが 全く逆でした。 


砥石を購入して実際にやってみようと思っています。


ありがとうございました。



  豊明市 M.Y様






 これまで牛刀など両面の研ぎ角度がよく分からず 適当にやっていましたが


もっと寝かせなければいけないということを学びました。


  「よく切れるけれど 刃が入り時止まる感触がある」


と言われていた理由はこの刃の角度にあったのだと理解できました。


ますます研ぎにハマりそうです。


ありがとうございました。


 大津市 D.Y様
























 
 


     








Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
archives
others
admin